都市部と地方での給料の差か

今の日本は何かと格差社会だと言われています。確かに、戦後間もないころは国民みんなが貧しかったですが、今はそうではなく、お金のある人はとても裕福な暮らしをし、そうでない人は毎日ぎりぎりの生活を送っているのが現状です。このお金に関する格差は給料の金額にもあらわれていて、都市部では比較的高額、地方ではそうでない場合が多いです。ヘルス(整体・病院)に関しても都市部と地方では違いがあり、やはり都市部にはヘルス(整体・病院)が多くあるのでヘルス(整体・病院)同士の競争もあり、価格はそれほど高額ということにはなりにくいです。逆に地方ですと、ひとつのヘルス(整体・病院)が独占状態になっていることも珍しくないため、価格競争もないので診療価格は高めになってしまう場合が多いのです。高額でもそこしかなければ患者は集まります。保険適用の範囲ならば点数制なので差はありませんが、自由診療の場合は金額に数千円から数万円の開きが出てくることもあります。