名医の先生は地方にいないのか

どのような世界にも名人芸を持っている職人の様な人材がいるものですが、ヘルス(整体・病院)においても優れた技術を持った人材がその名声を轟かせることがあります。その様な人物のことを人は名医と呼ぶことがあるのです。ここでいう名医というのは他では治療することのできないような特別な経験や技術を持っている医師のことを指すことが最も多く、その様な医師の多くは大病院で診療に当たることが多くなっています。それは医師という職業には研究者としての側面が必要になるため、多くの実践と研究ができる場所に籍を置くことが必要になるからなのです。 しかしヘルス(整体・病院)における名医の意味合いは他にもあると考えるのが妥当でしょう。既に判明している知見に基づき、それをしっかりと地方で実践している名もなき医師も、その地域への貢献を考えれば多くの人を助けている名医であると考えることができるのです。ヘルス(整体・病院)が他の分野と少し異なっているのは、その技術の多くが直接人に施されるという点にあります。そのためそれがありふれた技術によるものであろうと、特別なものであろうと、人の命を救うという意味では変わりないのです。有名でこそなくても自分の手の届く範囲でしっかりとした医療を提供し続ける医師であればそれは素晴らしい者であるということができるでしょう。ヘルス(整体・病院)分野ではその様な活動の仕方こそ評価されるべきであると考えられます。 この様な観点からみれば地方で活躍している医師の多くは素晴らしい技術を持っているということが出来ます。昔の意思は全てそうであったとも言われていますが、自分の専門外でも診なければならず、かつ適切な対処が出来るところにつながなければなりません。そのため知識量は膨大にならざるを得ず、日常から常に勉強を続けなければやっていけない世界であると言われています。地方の医療では現在もその様な傾向が残っているのです。

都市部と地方での給料の差か

今の日本は何かと格差社会だと言われています。確かに、戦後間もないころは国民みんなが貧しかったですが、今はそうではなく、お金のある人はとても裕福な暮らしをし、そうでない人は毎日ぎりぎりの生活を送っているのが現状です。このお金に関する格差は給料の金額にも ~