都市部に集中しやすいと

近年のヘルス(整体・病院)の事情は、都市部に集中している傾向が顕著になって来ています。 ヘルス(整体・病院)でも、大都市には専門病院や総合病院が数多くなり、一方、地方の規模の小さい都市には限られた病院しかないと言うことが、全国的な問題となっています。 確かに、ヘルス(整体・病院)も経営上の観点から言えば、それだけの人口を抱えている都市部に集中せざるを得ないと言うのは、当然のことだと言えるでしょう。 しかし、地方の小さい都市ではかかりたくても専門医がいなかったりするために、必然的に県庁所在地などの都市近隣の病院までの大変な通院を余儀なくされています。 それだけ都市部にすむ人と地方に住む人では、受けられる医療の質も違うし救える命であっても間に合わない事態にもなり兼ねない現実にさらされると言えます。 どこに住んでいても適正な医療を受けられるようになるには、日本全体の経済成長をまず最優先してからの課題ではないでしょうか。