都市部でさえも病院が無くなる時代か

私たちが病気になったり体に異常を感じた際には病院を受診するという人がほとんどではないでしょうか。市販薬などで様子を見る人もいると思いますが、改善しなければ最終的には受診することが多いと思います。そんな私たちの生活になくてはならないヘルス(整体・病院)ですが、人口が集中している都市部でさえヘルス(整体・病院)がなくなるという危機を抱えています。主になくなるのは歯科や小児科、産婦人科など個人や数名で経営している中小の病院などです。その原因は患者数の減少と不況だとされています。また、総合病院や大学病院などへの患者の集中も原因のひとつです。中小の病院の経営はとても厳しく、医者やスタッフの人件費が大変で慢性的な医師不足、人不足で悩んでいる病院も少なくありません。医師不足が患者減少を招くという悪循環に陥ってしまっています。病院経営はそのほかにも設備投資や薬剤など細かな費用も発生しますので、よほど患者が多い病院でないと経営が成り立たないのです。