地方に行くと医師不足は

地方の医師不足が深刻化しつつあり、地方のヘルス(整体・病院)などは、経営困難などの理由から閉業している場所が続出しています。やはり、医療が進歩している日本であっても、医療の格差は大きいのです。なぜ地方のヘルス(整体・病院)が次々に閉業しているかというと、医師が都市圏に流出していることによる医師不足と、経営困難です。やはり、医療も人を扱う職業ですから、患者がいないと商売になりません。医療の世界では、利潤のことを考えると、高齢者が多い場所では新規の患者の増加をあまり見込めませんし、患者数に限界があるので、あまり効率がよくありません。また、ヘルス(整体・病院)の設備の格差も影響しています。難病などを治療できるような医療器具は、どうしても都市圏のヘルス(整体・病院)などに行かないと整備されていないことが多く、また、都市圏のほうが給与などの良いことから、医師が都市圏に流出してしまいます。このままでは、医療の格差がますます深刻なものになってしまうことは、間違いないでしょう。