病院がない街も

日本の医療は世界的に見てかなり恵まれた環境の中にあります。しかしそれでもヘルス(整体・病院)サービスというものは都市部に集中する傾向があり、山間部など地方には十分な数の医療機関が存在していないというのが現実です。全国的に見て医師の数というのは戦後増加傾向にあるのですが、近年の医師の技術の専門分野の細分化により極端なまでに分業が行われるようになってきました。このことにより都市部に多くの意思が集中し、地方で活躍する医師の数が少ない状況に変化は起こらなかったのです。 その結果、地方などでは病院のない街という状況も現実的なものになりつつあります。その様な地域を抱える地方自治体はその様な地域を医師不在のままにしない様に様々な対応を検討して実施しています。しかしそれでもヘルス(整体・病院)分野も非営利ではありませんので中々やっていくことが難しいという状況があるのです。 ヘルス(整体・病院)分野の今後の発達もより専門分野を深めて行く方向で進んでいくと考えられています。医師の世界でもその様な専門分野に割り振る役割を担う広く浅く診ることのできる医師の養成の必要性に気づいていますが、その様な医師が育ち、地域医療に関心を持つ社会に育てるまでにはかなりの時間を必要することになると考えられています。日本では経済だけではなく医療も都市部に偏って存在してしまう傾向が進んでおり、今後の課題となってくるでしょう。 ヘルス(整体・病院)分野は何も病院だけではありませんが、やはり医療の中核となるのは病院であると言えるでしょう。安心して生活することができる地域にするためには医療の充実や教育の充実を欠かすことはできません。一度その様な基本的な要素が欠けてしまった地域が再び元の仕組みを取り戻すというのはかなりの労力を必要とするものですので極めて困難なテーマであると言えるでしょう。しかし地域を再興するためには必要なことであると誰もが考えています。

地方に行くと医師不足は

地方の医師不足が深刻化しつつあり、地方のヘルス(整体・病院)などは、経営困難などの理由から閉業している場所が続出しています。やはり、医療が進歩している日本であっても、医療の格差は大きいのです。なぜ地方のヘルス(整体・病院)が次々に閉業しているかというと ~